能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

早寝早起き

昨日は国立研鑽会の申し合わせから帰宅したのが21時少し前くらい。家に着くまではまったく平気だったのですが、帰宅後にメールを打っていたら強烈な睡魔が襲ってきて、そのままダウン。早く寝たのは良かったのですが、結局3時前には目が覚めてしまいました。

以前はこういった時には再度強引に寝るようにしていたのですが、最近は「せっかく起きたのだから」と、少しは冴えた頭でちくちく仕事をするようにしています。朝(というか深夜)は静かなので本当に仕事がはかどります。

先ほど少し休憩を。

5時からNHK教育で放送の『漢詩紀行』を見ていました。平日の朝早くに放送される、知る人ぞ知る、古より続く5分ほどの番組です。
今日の漢詩は孟郊の詠んだ「登科後」。科挙の試験に受かった喜びを表した詩です。印象的な一節は、「一日看尽長安花」。一日で長安の花の名所を全て見尽くしてしまった、という意味です。
当時は科挙の合格発表の当日、試験に合格した受験生は、長安の街中にある全ての花の名所(私邸を含む)にフリーパスで立ち寄ることが出来たようです。なんとも粋な計らいですね。
全身から喜びが伝わってくるような詩でした。

朝に素敵な詩で一日の元気をもらって、今日も長い一日を乗り切っていきたいと思います!
[PR]
by munenorin | 2008-10-03 05:55 | 能楽日記