能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

あぁ眠い・・・

今日の午前中は、明日17日火曜の武田同門会の申し合わせでした。

今回の自分の役どころは『芦刈』のツレです。このツレはシテの元妻役です。落ちぶれて芦売りをしている元旦那の元に、今は高貴な人の乳母となって財を成した元妻が現れることで展開する舞台。能には珍しい世話物的な夫婦人情劇で、大変分かりやすいストーリーの舞台です。
あとは二番目の『春日龍神』にも地謡として出演いたします。

武田同門会は、武田一門の能楽師が同人組織として活動している舞台で、出演人数も少ないので、このように2番掛け持ちで出演することは珍しくありません。体力的にはまったく問題ないのですが、とにかく

足が痛い・・・

私はこの間の日曜日にも『正門別会』で『木曽』の立衆として出演していますが、この立衆や芦刈のツレをはじめ、登場人物が舞台上で座っているとき、よく立て膝で座っています。これがただの立て膝ではないのです。私たちの流儀では右膝を正座のように折り、左膝を立てて座るのですが、この時右足の土踏まずの上に左足のかかとを乗せて、両足が開かないように座るのです。

出来ますか?

やってみるとお分かりになると思いますが、体が固かったり足が太かったりするとまずこの姿勢になることも難しいと思います。これを崩さずに30分、時には1時間以上も座るのはかなりの鍛錬が必要です。

明日は午前中に水曜日の研究会の申し合わせがあり、そこでも地謡があるので、脚のスタミナが何とも気がかりです008.gifとにかく今晩はしっかり脚を休めて、明日の舞台には万全の状態で立っていたいです。

また脚の問題だけでなく、芦刈の男の元妻としての情感や気品も大事にしていきたいと思います。大変ですが楽しみでもあります。
同世代の従兄弟たちがシテを勤める舞台、狂言も野村萬斎さんと大変観やすい番組立てです。もしお時間があったら、16時から渋谷区松涛の観世能楽堂まで足をお運びください。当日券もございます。

それにしても昨日の昼くらいから何かに取り憑かれたようにずーっとねむい・・・

お休みなさーい
[PR]
by munenorin | 2008-06-17 01:01 | 能楽日記