人気ブログランキング |

能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

丹後物狂

b0145146_1801114.jpg

b0145146_1801180.jpg

b0145146_180117.jpg

b0145146_1801176.jpg

b0145146_1801152.jpg

一昨日は日帰りで宮崎の日向市で公演でした。そして今日は天橋立です。昨日伊丹空港から車で一時間半ほどで到着しました。思ったよりは時間が掛からない印象です。

なぜ天橋立まで来たのかといえば、復曲「丹後物狂」の公演のためです。「丹後物狂」は天橋立を舞台にした男物狂の名作で、世阿弥の得意曲だったと言われています。今回、観世宗家が力を尽くされ、上演の運びとなりました。シテはもちろん観世宗家で、重要な役どころである子方をご子息の観世三郎太さんが勤められました。そして私も地謡の末席として参加させて頂くことになりました。

復曲で、しかも屋外の仮設舞台での上演と難条件の重なる公演でしたが、大勢のお客様方にも恵まれ、何とか無事に終了しました。


さて、天橋立と言えば日本三景として有名なところです。実は仕事で来たのですが、朝方に少しだけ時間があったので、親戚の武田尚浩さんとその長男の祥照君と、少しだけ観光をしてきました。それが写真の成相寺です。山の上にあるお寺でしたが、空気が澄んでいてとても気持ちの良い空間でした。
さらにタクシーの運転手さんのオススメの展望スポットである、成相寺の頂上の展望台へ。実に見事な景色で、天橋立はもちろんのこと、日本海や敦賀、大江山などが一堂に見渡せます。また天橋立といえば、股越しに逆さに眺めると景色が宙に浮くようで良いと言われていますが、それを実践中の祥照君をパチリ。彼とは日向市の公演も一緒だったので、この3日間は家族より一緒に長く過ごしました。

そして4枚目の写真は楽屋での1コマ。実は会場であった智恩寺文殊堂は、別名「猫寺」と呼ばれるほどたくさんの猫がいるところで、楽屋にも構わずに進出してきてウロウロと寛いでいました。楽屋に大勢の猫がいるというとても不思議な光景でしたが、皆とても行儀が良くて人懐っこかったので、あっという間に楽屋に溶け込んで人気者になっていました。

そして今は、天橋立から福知山経由で宝塚に移動の車内です。明日は宝塚で約半年ぶりの謡サロンです。最後の一枚は途中の小さな駅から撮りました。雲が茜に染まり、とても美しい景色でした。

明日が済むと明後日からは行橋です。旅に明け暮れる毎日です。
by munenorin | 2009-10-24 18:00