能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

暑気払い

すっかり遅くなってしまいましたが、先日の七拾七年会はありがとうございました。お蔭様で両日とも何とか無事に終えることが出来ました。
次回は来年2月14日(日)、会場は目黒の喜多能楽堂。一部が『海士』、二部が『舎利』の二部制で、他に狂言やワークショップ、解説などを予定しています。次回もぜひ宜しくお願いします。

さて、今日は午後から武田同門の勉強会。同門皆で集まって稽古をする、非公開の稽古会です。今日は7月ということで、同門全員が舞囃子一番づつを舞う「暑気払い」の会でした。
舞囃子は全部で12番。地謡やお囃子のアシライなどをみんなで持ちまわります。私が舞ったのは『船弁慶』の前(静御前がシテの方)でした。全部で4時間以上かかるのでなかなか大変なのですが、終わった後には「暑気払い」の名の通り、全員で宴会をします。

そのときに飲むビールの美味しいこと!『邯鄲』の前には1週間ほどお酒を断っていたので、美味しさもひとしおです。これで明日への活力を養います。

明日は東京観世会。その後に「七拾七年会を囲む会」のお食事会です。また明日を楽しみにしています。
[PR]
by munenorin | 2009-07-24 21:40 | 能楽日記