能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

失敗

相変わらず変な気候が続きますね。

そのせいかわからないのですが、この4~5日ほど著しく睡眠サイクルが狂っていました。5日ほど前に友人のメールで2時半にたたき起こされたのがきっかけですが、そこからしばらく毎日必ず2時半頃に目が覚めるという嫌な習慣がついてしまいました。それが場合によってはそのまま朝まで寝られないこともあって、日中は頭がボーっとする日が続いていました。

そして昨日。

朝から研究会の申し合わせ、昼に会合があって夕方から武田同門会だったのですが、昨日の武田同門会、自分としてはかなり至らない内容となってしまいました。

昨日は後見・地謡のほかに、本プログラムの前のお話担当でした。
能は「鶴亀」と「玄象」という登場人物の多い演目で、いつも以上に楽屋がてんやわんやだったせいもあるのですが、楽屋内で装束の着付けをしていた流れでまったく頭の中を整理しないままお話に出てしまったら、途中3回くらい頭の中が真っ白になりそうになり、変な汗まで出てきてしまいました。何とか時間通りにお話を終わらせはしましたが、話している感じはもしかしたら先日の中川前経済担当大臣の記者会見のようだったのではないかと思います。

情けない気持ちと同時に、せっかく観にいらして頂いたお客様に大変申し訳ないことをしてしまったという思いが強く残ってしまいました。

気持ちを落ち着けて頭を整理して舞台に出て行かなかったことが最大の問題・反省点ではありますが、それ以上に健康な生活が大事だということを思い知らされました。舞台は(お話を含め)、常にいろいろなことに思いを巡らせていても失敗が起こり得るものです。それを体調不良で集中力を欠いてしまったら、必ずほころびが出てしまいます。
今後はたとえそれがお話・解説の類であったとしても、しっかりと責任を持って舞台に上がらなければなりません。今後はこのようなことがないよう、まずは明日の謡サロンから精一杯臨んで参ります。どうぞ今後とも応援宜しくお願い致します。
[PR]
by munenorin | 2009-02-19 01:27 | 能楽日記