能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0145146_16121725.jpg

b0145146_1612185.jpg

一昨日関西から帰京した後、昨日は江戸美学研究会の能楽セミナーでした。
友人が企画した講座の第1回、まずは能楽の基本を身体を使って徹底的に体験してもらうということで、舞台上で舞体験とチャンバラ体験、舞台を降りて謡の体験稽古をしました。一時間半みっちりのプログラムでしたが、皆さん疲れた顔も見せず、ニコニコと爽やかにお帰りになられたのが印象的でした。また昨日は東京は大変な雨でしたが、皆さん時間通りに会場に到着されるという優秀さでした。

さて、今日は長野の坂城というところで薪能です。昨日とはうってかわっての快晴、しかし大変な暑さです。今は楽屋で待機中ですが、お茶請けに出されている御漬け物がとても美味しいです。きっと地の物を使った自家製の御漬け物なのだと思います。
また会に先立って地元のお子さんたちの発表会もあります。着付けのお手伝いをしました。さて、どんな成果になりますでしょうか?
[PR]
by munenorin | 2011-08-27 16:12

新橋・鮎正

b0145146_1395867.jpg

b0145146_1395983.jpg

b0145146_1310050.jpg

b0145146_1310036.jpg

昨日はお知り合いにお誘いいただいて、新橋の鮎料理専門店「鮎正」に行ってきました。鮎は大好きですが、専門店に入るのは初めてでした。

写真は上から順番に、鮎の洗い、塩焼き、うるか、鮎飯です。うるかの容器が可愛いですが、うるかの中身は卵と白子を和えたもので、白色のうるかでした(普通は肝を使っているので黒っぽい色をしています)。

どれも美味しかったのですが、一番のヒットは鮎飯です。皆で思わず顔を見合わせてしまうくらい、絶品でした。鮎というのは本当にあっさりしていてクセがないので、調理法によってかなり見せる顔が変わり、本当にいくらでも食べられてしまう感じでした。

きっと季節も良かったのだと思いますが、また機会を見つけて行けたらなぁと思っています。
[PR]
by munenorin | 2011-08-23 13:10

デトックス

b0145146_16422085.jpg

今日も東急東横線に乗ります。

普段、年に1〜2回乗るかどうかの電車に、この3週間で4往復乗っています。それもすべて違う方からのお誘いなのですが、元を辿ると皆さんが繋がるという不思議な関係性です。

今日お邪魔したのは中目黒にある、通称「ファンさんの部屋」という温熱治療のサロン。とても落ち着いた綺麗な空間のサロンです。
私は基本的に、温泉や岩盤浴などにあまり長くいられないタイプなのですが、この温熱サロン、1時間半ずっと籠もりっきりでいてもまだ入っていたいと思うほどの、柔らかく落ち着いた空間でした。また大量に汗をかくのですが、その汗がサラサラで少しも気持ち悪くなく、終わった後も熱が身体に籠もり続けるということがありません。お人によって効能に違いがあるそうなのですが、身体が軽くなる、精神的な安らぎが得られるということはほぼ間違いないようです。

基本的には紹介制で入会が必要ですが、初回は体験版としてご利用出来ます。ご興味のある方はコメント等でご連絡ください。詳細をお教え致します。
        
[PR]
by munenorin | 2011-08-19 16:42

おんぶ

b0145146_20202550.jpg


フェイスブックでお知り合いがアップしていた写真があまりに可愛いので・・・。

ちょっと困っているような、頑張っちゃっているような猫の表情がたまらないですね。皆さんもどうぞ癒されてください037.gif
[PR]
by munenorin | 2011-08-14 20:24 | オフ、ふっ、ふ。

来られない方のために…

b0145146_12325138.jpg

b0145146_12325230.jpg

b0145146_12325269.jpg

b0145146_1232539.jpg

今日は武田修能館で年に1回の装束虫干し。来られない方のためにサービス写真です。携帯をスマホに替えたので昨年までより画質がだいぶ向上しました。

最後の写真はおなじみ章志。今年からはかなり虫干しのお手伝いが出来るようになりました。お昼ご飯に力うどんを食べてご満悦です。

14時からは虫干し見学ツアー開始です。 年に一度の貴重な機会、ぜひ皆さんに楽しんでいただきたいです。
[PR]
by munenorin | 2011-08-12 12:32

8月代替公演

今月は、3月の東日本大震災の影響で延期になった舞台の代替公演が、後半に目白押しです。
観世能楽堂で行われる主な代替公演について、以下にお知らせ申し上げます。

☆8月28日(日)東京観世会 13時開演
☆8月30日(火)武田同門会 16時開演
☆8月31日(水)研究会    17時半開演

特に30日(火)の武田同門会では、「田村 替装束」という作品で、私は地謡のリーダー・地頭(じがしら)を勤めさせて頂きます。年に1回の貴重な機会ですから、大切に勤めたいと思っています。

もし上記の公演について、ご興味のある方や観てみたいと思われる方は、このブログ上のコメントやメール等でチケットを承りますので、いつでもご連絡下さい。なお詳細は観世文庫ホームページにも掲載されています。

では今日は一日暑くなるようですから、熱中症にはくれぐれも気をつけましょう!
[PR]
by munenorin | 2011-08-09 07:34 | 能楽日記

国立能楽堂『隅田川』

今日の夜は国立能楽堂で、関根祥六師がシテの『隅田川』。能が世界に誇る悲劇の傑作です。子方を従兄・友志の子、章志が勤めました。

私も地謡の末席でしたが、今日の舞台、演者の側から申し上げるのは甚だ不遜かもしれませんが、年に何回かあるかどうかというような、とても良い舞台だったのではないかと思います。演じ手・お囃子・地謡・客席・・・全てのバランスがうまく行って、とても集中力の高い舞台になっていたように思います。それにしても御歳80歳の関根祥六師、真夏に大曲『隅田川』を勤められるというのは、本当に只者ではありません。やはり素晴らしい役者さんでいらっしゃるなぁ、と改めて感じ入ってしまいました。これからもお身体を大切に、少しでも永く良いお舞台を作って頂きたいと思います。

今日は朝から観世会定期能の申し合わせ等もあり、一日が非常に長かったのですが、こういう舞台に出逢うことができると疲れも吹き飛びます。また明日も一日頑張って参りましょう!
[PR]
by munenorin | 2011-08-05 23:31 | 能楽日記

横浜「小鍛冶 黒頭」

少し遅くなってしまいましたが・・・先日、横浜能楽堂主催「親子能楽ワンダーランド」にお越し下さった皆様、本当に有難うございました。おかげさまで何とか無事に「小鍛冶 黒頭」の大役を勤めさせて頂くことが出来ました。当日は客席約470席のほとんどが埋まる盛況振りでした。ご遠方からいらしてくださった皆様、ツアーを組んで来て下さった皆様、ご来場いただいた全てのお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。大勢の皆様の前でシテを勤めることが出来て幸せでした。

当日は1部がお子さん体験講座、2部がワークショップ・狂言「柿山伏」・能「小鍛冶 黒頭」でした。1部の体験をされたお子さんが2部にもほとんど残って下さっていて、視界の狭い面の中から、お子さん達の姿が客席のあちこちに見える図はとても新鮮でした。「小鍛冶」に関しては、朝に一生懸命取り組んだ体験講座の疲れか、前半部は少し眠そうなお子さんがいらっしゃいましたが、後半部になるとほとんどのお子さんが起きていたようです(ハッキリ見えたわけではなく空気感です)。特に台に飛び乗るシーンでびっくりして眼を白黒させていたお子さんがいらっしゃったのは、とても素直な反応で面白かったですし、何だか「やった甲斐があったなぁ」と感慨深かったです。また騒いだり、泣いたりするお子さんが一人もいなかったのには驚きでした。

能楽の舞台は、単に演じ手の側がお客様に良いものを提示するだけでなく、それを受け取られたお客様が一つの空気を作られて、舞台と客席が一体になった時、得難い素晴らしいものになるように思います。その意味で先日の横浜の舞台は、お子さん達が独特の空気感を作っていて、それが周りのオトナのお客様にも良い空気として影響していたように思いました。もちろん自分としては様々な部分で課題が残る部分もあるのですが、そういった意味ではとても満足の行く舞台になりました。

次はいつこのような機会があるかわかりませんが、小さい頃から慣れ親しんだ横浜の地で、またいつかシテを勤めることが出来たら良いなぁと心から思います。8月中頃までは、身体のケアにも重点を置きながら少し充電して、また今月後半からしっかりネジをまいて参ります!
[PR]
by munenorin | 2011-08-04 00:33 | 能楽日記