能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

武田同門会『項羽』御礼

少し遅くなってしまいましたが・・・一昨日、武田同門会に足を運んで下さった皆様、本当に有難うございました。おかげさまで何とか滞りなく勤めることが出来ました。

今回は、私が主催している「謡サロン」のお客様、また春学期に主任講師を勤めさせて頂いた「丸の内朝大学」の生徒さんをはじめ、ほぼ能楽初体験という方が大勢いらしてくださいました。そして遠方から駆けつけてくださった方、お忙しい時間を縫っていらしていただいた方、実に多くのお客様に恵まれました。初めてご覧になる方にとって、私の能が人生初めての能との触れあいということになりますから、ものすごいプレッシャーもありましたが、逆に大勢のお客様のパワーを味方につけて舞台を勤めることが出来ました。

そして今後の自分にとって、また次の課題が見えてきた部分もあり、それを一つ一つ消化しながら、来年2月26日の道成寺の会に向けて、一歩一歩ステップアップしていきたいと思っています。

次の第一課題は7月31日(日)、横浜能楽堂での「小鍛冶 黒頭」になります。自分にとっては身に余る大役です。宜しければ、夏休み中華街に遊びに来るついでに、能楽鑑賞はいかがでしょう?とてもスッキリ爽やかで気持ちよい演目だと思います。開演は14時、終演はおおよそ16時と、比較的短くて御覧頂きやすい構成になっています。

皆さまのご来場、心よりお待ちしています。お会いできる日を楽しみにしています!!
[PR]
by munenorin | 2011-06-23 06:01 | 能楽日記
震災直後より、従兄の提唱で始まった被災地支援の呼びかけに応えていただき、このブログ上を通じて、多くの方に義援金・支援物資をお送りいただきました。今でも月1回以上のペースで、従兄がお仲間と共に支援に行っているそうです。我が従兄ながら頭が下がる思いがします。
以下、従兄からのメールを転載させて頂きます。もし被災地支援にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、このブログのコメント・もしくは私までご連絡いただければ、詳しいご連絡先をお教えいたします。どうぞ宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こんにちは武田友志です。
大変遅くなりましたが5月13日の報告をさせて頂きます。
13日は石巻の先の雄勝という小さな漁港に4月に引き続き行って参りました。今回は友人を介して知り合った国境無き料理団代表で湯島食堂を経営されている本道佳子さんをはじめ8名で車2台です。
前回我々のような小規模の支援は誰も行かないような小さな町にと考え雄勝に決めましたが、雄勝は食べ物はあるけどいつも食パンやカップめんと聞き、少しでも多くの方に美味しい物を食べて頂く為に炊き出しではなく鳥のトマト煮を作って真空パックで持って行きました。これならば全ての住民に配れるからです。
食事の感想は聞けませんでしたが、皆さん本当に喜んでくださり、余った物は自衛隊の方に差し上げました。
そして5月の時点では子供の給食がパン1個牛乳1本と聞き子供達向けに国境無き料理団の方が中心で現地でボランティアしている大学生達と一緒に中高生に給食を作りました。
子供達も喜んでくれて、1年生の子は一生懸命津波の事や、今の状況を説明してくれました。
元々何の縁もないいわき市に思い立ち1人で物資を持って行った時は、毎月に渡り被災地に行くとは考えてもみませんでした。
私の舞台のご案内を差し上げてる方に支援のお願いをしたら多くの方がツイッターやブログに載せてくださり、全く面識のない方も含め義援金は累計200万円を超え、一緒に行ってくださる方、荷物の仕分けを手伝ってくださる方、お返事も出来ず申し訳ございませんが、いつでも手伝うと言ってくださる方が沢山いました。それが継続を後押ししてくれてます。
自分の周りにこんなに心温かい方がいて賛同してくださることが本当に嬉しかったです。今回の支援を通じ本道さんや沢山の素敵な方と知り合え、温かい気持ちになり、支援に行っているのに実は私にとってかけがえの無い素晴らしい経験になりました。
実際に現地に行くとすぐに瓦礫の撤去でも手伝いたいのですが、休みが月1~2日程しかないので出来ないのが歯痒いです。
次回は6月27日に本道さんにお願いして1200人分の魚料理を持って行きます。
皆さんから多数の物資のお申し出がありましたが、私が仕分ける時間が無い事、車に乗る量が決まってること、日毎に必要な物が変わる事などから、物資はお断りしています。
雄勝の被災者の方は「みんな石巻や南三陸には行くけどこんな小さい町には誰も来ない」、「雄勝の中でも多きな避難所は来るけど数人の所は誰も来ない」と支援を均等に出来ない難しさを感じています。今回もせめて雄勝の方には全員に配りたいと思ってます。
もし今後もご支援頂ける場合は物資ではなく義援金のみのご協力をお願いします。詳細はお問い合わせください。
またご友人で災害支援のご報告や舞台のご案内をお送りを希望される方にはtomoshi@hkg.odn.ne.jp からBCCメールをお受け頂けるアドレスをお知らせ頂けるようお伝えください。
我々能楽師も義援能など小さな活動をしていますが今後個人で出来うる限り応援したいと思います。
文章を書くのが苦手で個別にメールの返事できないこと、報告が遅くなってしまう事お許しください。
ご友人で私に支援してくださった方がいらっしゃる方はこのメールを転送やブログに載せて頂ければ幸です。     武田 友志
  
[PR]
by munenorin | 2011-06-19 07:10
昨日は研究会、『景清』のツレをさせて頂きました。ご来場いただきました皆様、誠に有難うございました。

昨日の『景清』のシテは父・武田宗和、つまり親子でシテとツレをさせて頂きました(トモは山階彌右衛門氏)。『景清』はシテが悪七兵衛景清、ツレはその娘・人丸ということになりますから、実際の親子で親子の役をさせて頂いたことになります。これは成人してからはおそらく初めてのケースだったのではないかと思います。

父には幼少の頃から稽古をつけてもらい、数え切れないほど舞台も共にしているのですが、実際に物語の中でシテとツレとして舞台に立つと、こんなにも色々と肌で感じることがあるのか、と驚きの連続でした。『景清』は1時間10分程度の作品ですが、それよりもずっと長く感じられる、濃密な時間でした。そして父の役者魂というものに、改めて触れた思いがしました。

この舞台で得た感覚を忘れないようにして、来週21日の武田同門会『項羽』に臨みたいと思います。武田同門会は16時開演、『項羽』は19時過ぎからの予定です。自分にとっては大好きな中国物の能。皆様、ぜひお見逃しありませんように!
[PR]
by munenorin | 2011-06-16 06:59 | 能楽日記

てるてる坊主

b0145146_9255045.jpg

b0145146_9255036.jpg

昨日は久しぶりの宝塚謡サロンでした。個人のお宅で行っているものなので、あまり表立って告知はしていないのですが、それでもお子さんを含めて15人ほどのお客様がお見えになりました。

関西は一昨日の晩から雨。昨日も1日雨の予報でしたが、朝起きて外を見ると雨は止んでいました。宝塚謡サロンの会場を提供してくださっているTさんのお子さん・りゅう君が前日の晩からてるてる坊主をぶら下げていてくれたようです。そのいじらしい気持ちが本当に嬉しかったです。

その他、昨日のサロンでは、生後7ヶ月のお子さんが身じろぎもせずに一時間半のサロンに見入っていたり、お子さんたちが実演になると大挙して様子を見に来られるなど、お子さん方の反応が楽しく、私にも刺激のあるサロンになりました。お子さんたちからは目に見えないパワーをいただけます。

一昨日が大阪、昨日が宝塚、今日は再び大阪でのサロンになります。てるてる坊主のおかげか、天気はまだ保っています。これから大阪へと向かいます。
[PR]
by munenorin | 2011-06-12 09:25

アバター

何だか落ち着かない天気が続きますね。

さて、先日より打ち合わせを重ねていたホームページの更新ですが、このたび新たにホームページにアバター(ちょっとした動画)が登場することになりました。既に更新は済んでいますので、すぐに観ていただくことが出来ます。ただしPCページのみで、携帯ページでは表示されません。

http://www.takedamunenori.comのページより入っていただくと、私のアバターがご挨拶を始めます(3~5秒程度お待ち下さい)。そしてそこからメインページに入ると、メインページ上で実演が始まります。
実演はそれぞれ1分前後で2種類あり、ランダムに表示されるシステムになっています。もちろん動画を途中で止めたり、消したりすることも可能です。また動画表示中にメニューページに入っていただくことも出来ます。ぜひ一度御覧下さい。

このアバター撮影は、撮影の枠をはみ出ない様に舞うことや、摺り足が出来ないなど思いの他苦労が多かったのですが、とても貴重な経験をさせて頂くことが出来ました。

このアバターは、まだ能をあまりご存じない方、或いは外国の方などに気軽に能を知っていただくために作成したものです。今後色々な広がりに繋がっていく、きっかけ作りにしたいと思っています。

またホームページには、近日中にもう一つ新しいページが出来る予定です。どうぞそちらもお楽しみに!
[PR]
by munenorin | 2011-06-06 00:18 | 能楽日記