能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

外国人向けサロン

昨日は東五反田にある個人の邸宅(立派な洋館です)で、初の外国人向け謡サロンを開催しました。15人くらいのお客様に向けたこぢんまりとしたサロンでしたが、駐日カナダ大使ご夫妻や企業の社長様や役員の方などもお見えになり、とても華やかなサロンになりました。

初の外国人向け、さらにすべて英語での解説ということで(もちろん司会兼通訳の方がいらっしゃいます)、今回は事前にとても綿密な打ち合わせをしました。文化の違いなども踏まえながら、能楽の本質をいかにお伝えしていこうかと。それはサロン全体としての雰囲気作りも含めてのものでした。

その苦労の甲斐あって、ほとんど全てのお客様から「エキサイティング」「ファンタスティック」等のお言葉をいただくことが出来ました。まずは成功という形にはなりましたが、しかしこれに甘んずることなく、次回以降もっと向上出来るように取り組んで行きたいと思っています。

昨年辺りから、国内海外問わず、急に外国人向けのイベントのオファーが多くなりました。まだどうなるかはわかりませんが、それは近い将来自分のライフワークの一つとなる可能性もあります。その為には、如何にして相手の文化とうまく融合していくかが勝負になります。自分達の価値観のみを押し付けてもダメですし、かと言って相手に迎合するだけでもダメ。その中間を探っていきたいと思っています。

そこにまた新しい文化の形が生まれたら‥と期待しています。未来への希望が今、とても膨らんでいます。
[PR]
by munenorin | 2011-01-29 18:09

檀の会と行橋新年会

大変遅くなってしまいましたが、先日檀の会にいらしてくださった皆様、本当に有難うございました。

おかげさまで何とか無事に「石橋」赤獅子を勤めさせて頂くことが出来ました。

実は会の5日前、稽古中に半ぎっくり腰のような状態になってしまい、直前は全く稽古が出来ない状態になっていました。今までに経験した事が無いくらい心の中は不安でいっぱいでしたが、それでも何とか開き直って切り抜けることが出来たのは、多くの方の支えがあったからだと実感しています。また昨年末の七拾七年会に引き続いていらしてくださった皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。

b0145146_0373957.jpgさて、会の翌々日から行橋入りでした。大阪の時と同様、行橋でも新年は「四海波」謡初めサロンを致しました。写真の通り、30名近くの皆様で一緒に謡わせて頂きました。またその後には宴会もあり、そちらには30名以上の方がいらしてくださいました。昨年よりも人数が増えたこと、また若い方が徐々に増えてこられたのは本当に嬉しい限りです。久しぶりに美味しいお酒を頂きました。

明日は初の外国人向けサロン。先ほどまでスタッフの方と綿密に打ち合わせをしていました。きっと明日も素敵な出会いがあると予感しています。
[PR]
by munenorin | 2011-01-28 00:43 | 謡サロン

サンフランシスコその2

遅くなりましたが旅日記の第2弾をお届けします。

b0145146_22373375.jpg2日目は法政大学の総長様をはじめ、大学幹部の方にご案内いただきました。まず向かったところは埠頭。「PIER~」という建物がいくつも並んでいます。ジョギングしている人が多く、ヘルシー思考の人が多いサンフランシスコならではの光景でした。










b0145146_2244467.jpgそしてこれはアルカトラズ島。映画にもなったかつての有名な刑務所ですね。海に浮かぶ巨大な軍艦のようにも見えます。サンフランシスコ側から目と鼻の先にあるように感じられるので、泳いで脱獄しようとした受刑者がいたのも納得です。


b0145146_22482194.jpgこれは有名なゴールデンゲートブリッジ。霧に霞んでしまうことが多く、この日も霧でしたが、それがなんともいえない風情を醸し出します。ここまで観光して、あとはオークランドの方をドライブしてホテルに戻ってきました。


b0145146_22513112.jpgホテルは空港から約10分ほどのところにあり、ホテルの裏手の遊歩道からは、海に浮かぶ滑走路に降り立つ飛行機が間近に見られます。




b0145146_22585242.jpgそれを眺める老人と犬。ゆったりした時間が流れています。











肝心の講義についても少し画像を載せたいと思います。

b0145146_2315870.jpg記念パーティーに出席された方は100名弱。現地の方をはじめ、在留邦人の方や日本からお越しの方など、バラエティーに富んでいました。






b0145146_2373883.jpgb0145146_2310515.jpg
b0145146_23131023.jpg
実演のほかに、装束付けや面を実際に顔に当てたりなどを体験していただきました。現地の方の反応が人それぞれで異なっていたので、それがとても面白かったです。講義終了後のパーティーでは色々な方から質問攻めを受けました。


こうして講義を終え、翌日11時30分ごろの便で日本に戻ってきました。短い時間でしたが、とても濃密な時間でした。今度はもっとゆっくりといけると良いな、と思っています。
[PR]
by munenorin | 2011-01-22 23:19 | オフ、ふっ、ふ。

サンフランシスコ旅日記

少し遅くなりましたが、先週のサンフランシスコ行の写真入日記をアップします。

今回は「サンフランシスコに行って公演」と事前に伺っていたのですが、実際はシリコンバレーに少し寄ったところ、「EMBASSY SUITES」というホテルが会場でした。空港からは近いのですが、サンフランシスコまでは車で30分ほど掛かるので、今回の観光は半ば諦めていました。しかし前出の日野様や増田総長にお連れ頂き、2日で計3時間少し観光させて頂くことが出来ました。本当に感謝、感謝です。以下に写真中心で旅模様をアップします。

b0145146_23334559.jpg
まずここが会場であり、宿泊もさせて頂いた「EMBASSY SUITES」というホテルです。中庭のあるリゾートタイプのホテルですが、立派な宴会場や会議場も併設されています。




b0145146_2335426.jpg
ここが宿泊した部屋です。「SUITES」の名の通り、全室スイート仕様でとても広くて綺麗な部屋でした。








b0145146_2336082.jpg














b0145146_23394119.jpg
まず最初に訪れたのが、地元スーパー。さすがカリフォルニアと言うだけあって、美しくディスプレーされた果物が印象的でした。






b0145146_234225.jpg
この後、サンフランシスコまで車でお連れ頂き、観光させて頂きました。上の写真はサンフランシスコ名物の路面電車。坂の多い街なので、運転にはとてもテクニックがいるそうです。


b0145146_23454977.jpg
坂の多い街、サンフランシスコ。通りによって登りになったり下りになったり、きっとデコボコな地形なのだと思いますが、こんな場所にどうしてこのような大都市が出来上がったのか、とても不思議です。















b0145146_23461375.jpg
スキー場、と言うよりはむしろスキーのジャンプ台のような地形です。




















b0145146_23512722.jpg
ここはフィッシャーマンズワーフ。魚介類のお店やお土産屋がたくさん並んでいます。




















b0145146_23531394.jpg
港町としての風景もこの都市の特徴です。













b0145146_001482.jpg
今回とてもお世話になった、法政大学能楽研究所の山中玲子先生と、法政大学IT研究センターの日野様。初日に観光に連れて行ってくださいました。今回観光は無いかも、と思っていたので本当に感激しました。ざっくばらんにお話させて頂いて、とてもとても楽しいひと時でした。

あまり写真をアップしすぎると重くなってしまうので、セミナーを含めた二日目の様子についてはまた明日にでもアップします。
[PR]
by munenorin | 2011-01-19 00:15 | オフ、ふっ、ふ。

日本で一番美しい大学

b0145146_126325.jpgb0145146_1324125.jpg















b0145146_1335372.jpgまるで外国の修道院です。思わず写真を撮ってしまいたくなります。

これが関西学院大学・三田キャンパスです。宝塚市よりも山を越えてさらに奥、兵庫県の中部から北部に位置します。構内にはゴミ一つ落ちていませんし、落書きも一切ありません。日本で一番美しい大学キャンパスと言われています。そして講師の40%は外国人。まさに外国の観光地に来たような錯覚を覚えます。ここで昨年に引き続き、講義をさせて頂きました。

昨年とは少し内容を変えて臨みましたが、学生の皆さんに「能楽」というもの、或いは「能楽師」という生き様が伝わったでしょうか。海外に出て行かれる生徒さんが多い学部と伺っていますから、皆さんの将来に少しでもお役に立てれば、と心から願っています。

今回の関西滞在中は、関学大のI教授とY教授に大変お世話になり、まるで家族のように温かく迎えてくださいました。お人の優しさが身に沁みました。

講義終了後はI教授にお連れ頂き、近隣の武田尾温泉へ夕飯と立ち寄り入浴に行きました。露天から眺める満天の星空と柔らかいお湯。心身ともに本当に癒され、自然と今回のサンフランシスコ、関西でお世話になった皆さんへの感謝の気持ちが湧き上がってきました。本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました。

締めくくりの本日の大阪謡サロンでは、私を含め総勢25名で四海波の大合唱で謡い初め。見事大成功でした!

また今年も色々頑張るぞー!
[PR]
by munenorin | 2011-01-14 01:48 | 謡サロン

濃い50時間

今夕、サンフランシスコより帰国しました。

50時間という短い滞在時間ではありましたが、数々の出逢いに溢れた、とてもとても濃いサンフランシスコ行でした。

今回の講演は、法政大学のアメリカ研究所(HURIC)10周年の記念イベントとして行われたものです。これは、日本の大学では唯一能楽に関する研究施設がある法政大学ならではのアイデアです。慣れない(というかほとんど喋れない)英語を交えたレクチャーには少しプレッシャーもありましたが、とにかく舞台に上がればお客様に楽しんでいただくだけ、と半ば開き直りの心で臨みました。もちろん反省点もありましたが、自分が出来る限り精一杯のことをさせて頂きました。これを次の機会にどのように活かして行くか、全ては自分次第です。

今回のサンフランシスコ行は能楽師は私1人だけでしたが、本当に多くの方に助けて頂いて、最初から最後までとても快適に過ごすことが出来ました。特に日本での打ち合わせから現地での講演に至るまで全てご一緒して一番お力添え頂いた能楽研究所の山中先生、航空券その他の手配から観光に至るまで全てご面倒みて頂いたIT研究センターの日野様、若輩者の私に何かと気を掛けて下さった法政大学総長の増田様はじめ幹部の方々、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。このブログ上ではありますが、深く御礼申し上げます。

今回は弾丸ツアーだったので、観光の時間は無いかも‥と半ば諦めていたのですが、そちらも何とかさせて頂くことが出来ました。それにつきましてはまた後日。帰京後に写真付きの旅日記を久しぶりにアップしようかと思っています。

明日は大阪謡サロン。そして明後日は関西学院大での講義。現地でも帰国後も不思議と全く時差ボケが無いので、何とか乗り切れると思います!
[PR]
by munenorin | 2011-01-10 23:10
新年明けましておめでとうございます。だいぶ遅くなってしまいましたが(汗)。ギリギリ松の内です。
昨年は多くの方に支えられ、自分自身大きく飛躍することが出来た年のように思います。この調子で今年も頑張って行きます。

本年は3日の鶴亀に始まり、23日は大役「石橋(しゃっきょう)」の赤獅子と、相変わらずドタバタと動き回っています。結局年末年始は一日も休みがありませんでした。でも忙しい環境に身を置けることの有り難さを噛み締め、日々大切に過ごして行きたいと思います。

これから成田に向かい、サンフランシスコに旅立ちます。レクチャーをしてきます。二泊四日、現地滞在時間50時間の弾丸ツアーです。帰国は関西空港に降り立ち、謡サロンと関学大の講義です。また帰国後は旅日記も少し更新していきたいと思います。

素敵な出逢いを期待して旅に出ます。
[PR]
by munenorin | 2011-01-07 12:14