能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水の都

b0145146_17193593.jpg

b0145146_17193527.jpg

昨日から大阪で稽古と謡サロンでした。今回謡サロンは「井筒」を特集しました。

「井筒」は、いわゆる能の一般的イメージ通りの、静かで動きの少ない作品なのですが、能には珍しく美しい純愛がテーマに描かれているので、少し能を見慣れた方にとっては大変人気の高い作品でもあります。今回これを取り上げることは少しチャレンジ的要素も含まれていたのですが、特に複数回サロンに来られたお客様を中心に概ね好評だったようで、取り上げて本当に良かったと思いました。

さて、今回は一昨日愛知県の西尾市から大阪に入ったので、昨日は午前中に少し時間があり、稽古場である天神橋から少し足を伸ばして中之島の方まで散歩してきました。 島の中には写真のようなバラ園があったり、風情のある中央公会堂があったりと、のんびりした大変良い時間を過ごすことが出来ました。

両側を川に抱かれた中之島にいると、改めて大阪は水の都なんだなぁと思いますし、そこで普段から寛いでいる市民の皆さんが少し羨ましくも感じられました。

これから九州に向かい、明日は行橋で稽古&謡サロンです。
[PR]
by munenorin | 2010-10-25 17:19

西尾城趾薪能

今日は愛知県西尾市というところで舞台がありました。薪能となっていますが、数年前から屋内の文化施設で薪能風に公演を行っています。

この西尾市には、私達武田一門の三村恵子さんという方が住んでおられ、その方のご努力でずっと会が成り立っていました。しかしその三村さんが昨年亡くなられ、今回は三村さんの一周忌追善と銘打って公演が開催されたものです。
三村さんは数年前からガンに冒されていて、ずっと闘病生活を続けながら舞台に立たれ、お弟子さんのお稽古もされていました。昨年も西尾城趾薪能に出演された直後に倒れられ、ひと月も経たぬうちに亡くなられたのです。まだ60歳過ぎでいらっしゃいました。

今回は本公演開始の前に三村さんを追悼する企画があり、お元気な頃の舞台姿や稽古姿が映像で流されたり、三村さんのアマチュアのお弟子さん方が「融」の謡をご披露されたりなさいました。こういった企画は実は大変珍しいもので、三村さんが生前多くの方から慕われていたことの証のように感じられました。

西尾市、ならびに能楽界のために、無私の心を持ってご尽力された三村さんが亡くなられたことは、今でも本当に心残りに思いますが、その魂を受け継いだ方達が、きっと会の発展を支え続けて下さるであろうと信じて、今西尾を後にしています。
[PR]
by munenorin | 2010-10-23 20:33

宇佐神宮奉納能

b0145146_1713950.jpg

今日は宇佐神宮奉納能でした。毎年10月21日と開催日が決まっていて、私はだいたい2年に1回のペースで伺います。ただ一昨年は東京で舞台があって伺うことが出来なかったので、今日は4年振りの訪問でした。

ちょっとしたハプニングがあったりもしてドタバタしましたが、何とか無事終わりました。帰りには神宮でお参りも済ませ、少し気持ちが落ち着いています。

写真は宇佐駅の看板。英語にすると「USA」。宇佐ののんびりとしたいかにも田舎らしい雰囲気からすると、漢字とアルファベットが少しミスマッチな取り合わせにも思えます。
[PR]
by munenorin | 2010-10-21 17:13

羽田空港

b0145146_7443661.jpg

今日から羽田空港国際線ターミナルオープンですね。

残念ながら初日に国際線を利用することはないのですが、これから大分に向かうため、今国内線ターミナルにいます。

そして写真の通り、国内線のJALのラウンジその他もリニューアルされました。全体が広くなり、ゆったりしたシックで落ち着いた雰囲気です。

居心地の良さで飛行機に乗り損ねないよう気をつけます。
[PR]
by munenorin | 2010-10-21 07:44

初陽会

b0145146_23194395.jpg

昨日は父と私のアマチュアのお弟子さん方の発表会、「初陽会」でした。これで「そようかい」と読みます。『雲林院』という作品の謡から父が附けた名前です。

昨日は7歳の男の子をはじめ、初めて出演される私のお弟子さんが2名いらっしゃいました。いずれも大変緊張されていましたが、無事に終えられたのでホッとしています。また他のお弟子さん方も、本番が一番良く出来た!という方が多かったようです。小さな会ではありましたが、皆様笑顔で終えて下さって本当に良かったです。

今年の会は急なキャンセルが重なったこともあって、今までにないほど小さな規模になってしまい、お恥ずかしい話ですが一時は開催の危機でもありました。来年以降はもう少し私のお弟子さん方にも出ていただいて、より会を華やかにして頂けるよう、自分自身努力して参りたいと思っています。

さて、昨日会を終え、今日は初めて降りた新幹線の駅「岐阜羽島」から大垣に出て、やはり同門の能楽師の方の発表会でした。
秋は発表会シーズン。お天気にも恵まれて大変良い会になりました。
[PR]
by munenorin | 2010-10-17 23:19
数日前に私のホームページを若干リニューアルさせました。


トップページ上に、12月25日(土)の七拾七年会と、11月27日(土)の松戸・東漸寺でのイベントのご案内のコーナーを設けてあります。どちらもまた改めてこのブログ上に詳細をお知らせ致しますが、ご興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてください。その他にもちょこちょこと変更を加えてあります。

また今回は、七拾七年会本公演に先立ち(と言っても特に関連性があるわけではないのですが)、12月4日(土)に、中野坂上の武田修能館で各種お稽古の体験講座をします。これは七拾七年会の同人ならではの特性を活かし、謡・舞・狂言・小鼓・大鼓・太鼓の全てを稽古体験できるという、ものすごく珍しい、貴重な体験講座です。終了後には七拾七年会同人達との懇親会もございます(希望制)。

その他詳細はホームページを御覧戴くとよくおわかりいただけると思うのですが、この体験講座のお申し込み先が、何と私のホームページ上なのです!トップページ左下の「七拾七年会・冬の体験講座」というところから入っていただき、「お申し込み先はこちら」をクリックしていただいて必要事項を記入して送信していただくとお申し込み完了という、とてもわかりやすいシステムです。
私のメインページのアドレスはこちら→http://www.takedamunenori.com/main.html

お申し込みは明日11日(祝)からになります。定員に限りがありますので、皆さん、どしどしお申し込みくださいね!
[PR]
by munenorin | 2010-10-10 23:50 | 宗典舞台予定

しまった

この忙しい時に不覚なことに、どうやら風邪を引いてしまったようです。

でも休んでいる間はありません。まだ熱などは無いようなので、何とか仕事をしながら治していきたいと思います。


明後日は大分、「能楽の祭典」です。
[PR]
by munenorin | 2010-10-08 18:01