能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

子供謡サロン

b0145146_19135122.jpg

b0145146_19135193.jpg

すっかり記事にするのが遅くなってしまいましたが先日の24日(火)、子供専用の謡サロンを開催しました。

今までもお子さんを入れたサロンをしたことはありましたが、完全に子供対象・子供専用の謡サロンというのは実は今回が初めてでした。集まったお子さん方は17名。6年生から3歳までのお子さん達でした。お母様方を含めると30人近くになります。

今回は少しだけ能の話をした後に私が仕舞の実演をして、それから謡の稽古、舞台に上がって斬り組(チャンバラ)の稽古、そして能面をボール紙にデッサンして、それを着けて舞台に上がるという、体験が中心の盛り沢山のプログラムでした。

結論から言うと、子供達は皆さんとても可愛かったです!そして明るく積極的な子が多かったので、とてもサロンがやりやすいなぁという印象でした。それから子供さん達は大きい子が小さい子の面倒を見てあげるなど、自然と温かいコミュニティーを作っていて、見ていてとても微笑ましかったです。特に3歳のお子さんは最初は少しぐずっていましたが、途中からニコニコのご機嫌になり、一生懸命ボール紙の能面を作っていたので、最後には舞台にも上がることが出来ました。本当に私自身が楽しくなってしまうようなサロンでした。

今回の子供サロンの開催にあたっては、「お子さん達にも文化的体験をして欲しい!」という私の願いを聞いて下さったAIGスター生命の伊藤英樹さんから、多大なるご支援を賜りました。そのおかげをもちまして入場無料という形で開催させて頂くことが出来ました。本当に有り難く、このブログ上ではありますが、心より御礼を述べさせて頂きます。

また東京や他の地域でも同じようなサロンが開催出来たらと思います。お子さん達からはパワーをもらえますね!
[PR]
by munenorin | 2010-08-29 19:13

能のデザイン

b0145146_1824199.jpg

b0145146_1824164.jpg

b0145146_1824197.jpg

b0145146_1824173.jpg

ちょっと変わった本を見つけました。タイトルは「能のデザイン」(青幻舎)。

ご覧の通り、文章はほとんど無くて、装束・面・小道具・作り物の挿し絵ばかりが掲載された本です。特に作り物や小道具は、めったに舞台に掛からない稀曲の物などもあり、なかなかよく出来た本です。

能のデザイン全般に興味のある方は、お求めになられてはいかがでしょうか?
[PR]
by munenorin | 2010-08-19 18:02

大感激!!

b0145146_19481499.jpg

本日は大阪の謡サロンとお稽古。おかげさまで大勢のお客様に恵まれ、大盛況のサロンとなりました。

さて、今日の画像は、私の大阪のお弟子さんが書いて下さったパステル画です。装束の緻密な筆致や型の躍動感、本当に素晴らしい作品です。
これは私が2年前にシテを勤めた「巴」を参考に書いて下さったのです。そしてしかもそれを私に下さるとのこと。頼んでもなかなかしていただけることではないので、本当に嬉しいです。一生の宝物になりました。自宅に届けていただいたら、早速床の間に飾ろうと思います。

そしてこれからも私をモデルにした能の絵を描いて、個展を開かれたいとのことでした。夢が広がる本当に有り難いお話です。その思いに応えることの出来る舞台人に成長していかなければなりませんね!!
[PR]
by munenorin | 2010-08-18 19:48

虫干しその他

先日ブログでお知らせした通り、今週水曜、木曜は武田修能館の虫干しでした。今回は初めて公の形で虫干し見学ツアーの募集を行いましたが、3回のツアー合わせて、定員を超える18人のお客様にいらして頂くことが出来ました。いらして下さった皆様、本当にありがとうございました。

当初虫干しツアーは1時間程度を予定していましたが、とてもそれでは時間が足りず、結局1時間20分程のツアーとなってしまいました。ですので間の休息は全く無く、4時間半フル回転で解説をすることになりました。その為、いろいろ段取りがうまく行かないような所もありましたので、来年以降の課題にしたいと思います。

その後は、先日お世話になった丸の内朝大学の懇親会に出席。あっという間に時間が過ぎていく、とても刺激的で楽しいひとときでした。

今週末は少しのんびりして、来週からは大阪と宝塚のサロン、そしてその翌週には東京で子供サロンが控えています。今からとても楽しみです!
[PR]
by munenorin | 2010-08-14 21:54

高崎からの帰路

今日は高崎で舞台がありました。私たちの所属する観世会の先輩、下平克宏さんの演能会の催しです。

下平さんは大学卒業後にプロとして能楽師の道を志して修行された方ですが、能楽の普及のために日々努力され、現在はご自身の地元地域を中心に、多くの催しを開催されています。いわば我々能楽師の目指すべき、モデルケースのお一人とも言える方です。今日も大変な盛会で、700名ほど入る会場はほぼ満席になっていました。

公演終了後には、高崎市内の美味しい居酒屋さんで、小さな打ち上げに参加させて頂きました。あっという間に時間が過ぎて、早くも特急の終電時間間近に。泊まっていきたいくらいでしたが、ギリギリ終電に間に合って、今は家路に着いています。

明日は観世会荒磯能。開演前のお話を担当させていただきます。今から既に緊張しています。お客様の良い道標になれると良いのですが‥。
[PR]
by munenorin | 2010-08-04 23:15