能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いっぱい泣いてください

女子フィギュアが終わりました。

本当に残念でしたが、真央ちゃんは銀メダル。キムヨナ選手が金メダルでした。こんなにドキドキしながらスポーツを観たのは生まれて初めてです。

安藤美姫選手も鈴木明子選手も自身の持てる最大限の力を発揮していて素晴らしかったです。またお母様を競技直前で亡くされたロシェット選手をはじめ、特に最終滑走で登場した皆さんは本当に素晴らしく、レベルの高い大会でした。前回トリノからの4年間で、女子フィギュアのレベルが急速に上がってきたということがよくわかりました。

しかしとにかく凄かったのはキムヨナ選手でした。

ジャンプにミスが無いばかりで無く、抑制と開放とが巧みに組み合わさったメリハリの利いた表情、余裕の感じられるしなやかな手足の伸びなど、本当にうなってしまうほどの出来で、間違いなく誰がどう見ても史上最高の演技だったと言えます。技術面の高さもさることながら、プログラム構成の巧みさと完成度、とりわけ精神面での成熟が、今回の金メダル獲得に辺り最も大きな役割を果たしていたのではないでしょうか?フリー直前での記者会見で『私にとって金メダルは夢だが、もしそれを取れなかったとしても、その事を受け入れる心の準備は出来ている』と言っていた言葉が大変印象的で、「本当に19歳?」と言いたくなるほどの精神年齢の高さを随所に感じました。

キムヨナ選手がフリーで150点という、ちょっと信じられないような高得点を出した時点で、真央ちゃんの金メダルはかなり難しいように思われました。それでも真央ちゃんが持っている全ての力を出し切って演技をしてくれれば、と心に念じて観ていました。そして確かにハイレベルな技術を駆使して演技を終えましたが、少しだけ失敗してしまった箇所がありました。それは画面上で見る限り、技術面での失敗というよりは精神面から生じた失敗のようにも感じられ、そのことが結果的に、金・銀というメダルの色以上に、点数上で二人に大きな開きを生んでしまうことにもなりました。大変残念ですが、これが現時点での力量の差であったのだろうと痛感せざるを得ません。

真央ちゃんは競技終了直後のインタビューで泣きじゃくっていましたね。きっと鬼のような猛練習を積んできたと思うのですが、それがほぼまったく外見に表れない稚さ・明るさが彼女の最大の魅力であると思います。ただ今回はその稚さが何とも痛々しく、見ているこちらまで心が締め付けられるようでした。

でも今はいっぱい泣いて良いと思います。日本国民も皆、心の中で泣いています。悔しさと敗北を心にしっかりと受け止めて、人間として色々な経験をして、それを糧にもっともっと成熟したスケーターになっていってほしいと心から願います。

そして、完璧な演技を終えた後の天真爛漫な満面の笑顔を見られることを、次のオリンピックまでの楽しみにしたいと思います。
[PR]
by munenorin | 2010-02-26 15:17 | 四方山つぶやき

素晴らしい!!

真央ちゃんSP素晴らしい演技でした!

なんか自分の妹みたいで(少し似てるので)、感動して涙が出そうになりました。

でもキムヨナも凄すぎる‥。いったいどんな心臓をしているんだ?!
[PR]
by munenorin | 2010-02-24 13:08

ぶちうま

b0145146_12514253.jpg

今日くらいから、徐々に外を歩いて身体を馴らすように整体の先生から言われています。
というわけでリハビリがてら、治療院の先生に教えてもらった新宿御苑前駅近くの広島つけ麺の店「ぶちうま」に行ってきました。

写真のように辛いつけだれに麺や具をつけて食べるスタイルで、麺もスープも冷たいのが特徴です。私は10辛を食べました。ちなみに40辛まであり、10辛はお店オススメの標準的な辛さです。

辛さはそれほどでもありませんでしたが、唐辛子の成分がよくスープに溶け込んでいるので、麺も具も冷たいにもかかわらず、とても身体が温まります。また麺を食べ終わった後にスープに入れて食べる「しめごはん」がとても美味しく、麺を食べている時とスープの味わいが変わるのが不思議な一品でした。

今度は辛さを上げて挑戦したいと思います。
[PR]
by munenorin | 2010-02-24 12:51

久しぶりの外出

今日松葉杖を取ることが出来ました。大変嬉しいことですが、まだまだ油断は禁物です。


b0145146_21523710.jpg怪我を負ってからちょうど一週間、治療院に通う以外は一切外出をしていなかったのですが、今日久しぶりに夕飯だけは外出して、父と焼肉を食べてきました。
普段仕事中心の生活していると、外出先や仕事場でご飯やお弁当を食べるのが当たり前なのですが、こうしてずっと家にいて、3度3度のご飯を家族の協力も仰ぎながら準備するというのはなかなか大変なことだな、と今回改めて思いました。

しっかり英気を養うことが出来たので、また明日から治療や稽古に励みたいと思います(それと確定申告の計算も・・・008.gif)。
[PR]
by munenorin | 2010-02-21 21:58 | オフ、ふっ、ふ。
高橋大輔選手が見事銅メダルを取りましたね。

実力から言えば当然の結果とも思えますが、今回の男子フィギュアは特に名選手が目白押しという中での戦いでしたので、一つのミスが敗北に繋がるような緊迫した雰囲気の中、よくぞメダルを取ってくれたと思います。

高橋選手は全治1年にも及ぶ大怪我で苦しんでいましたね。右ひざ半月板・前十字靭帯損傷という選手生命に関わるほどの大変な怪我でした。私も怪我をした当初、前十字靭帯が傷んでいるかもしれないと治療師の方に言われ、とっさにこの高橋選手と元巨人の吉村選手の大怪我が頭に浮かび、これは大変なことになったと思ったのですが、幸い前十字には損傷が無く、順調に回復しています。しかし同じ膝を怪我している者からすれば、今回の見事な復活劇は大変勇気付けられます(もちろん私の方がずーっと軽症ですが)。

今回のオリンピックは前回トリノと比べても、だいぶ日本選手に勢いがありますね。メダルの数はもちろんのこと、入賞の数も多いように感じます。この流れに乗って、感動の名勝負を繰り広げて行って欲しいと思います。

月並みですが、ガンバレ日本(笑)!
[PR]
by munenorin | 2010-02-20 01:30 | 四方山つぶやき

ムムッ!

とにかく毎日治療をしています。

先のブログのコメントでも書きましたが、思っていたよりは回復が早いそうで、来週から行う予定であったリハビリを兼ねたマッサージを、昨日から行っています。

しかしこれがマッサージなんていう生易しいものではなく、かなり強烈!膝の裏付近を強く押しながら膝を曲げていくのですが、飛び上がりたくなるような痛さです008.gifしかしこれも早く良くなるための薬と思い、ムムムと歯を食いしばって辛抱しています。

もともと私達能楽師は正座や立膝、腰を落とした姿勢等、膝に負担のかかる格好を普段からよくしています。ましてこの間の『七拾七年会』はかなりハードな番組立てでしたから、その疲れも残っており、怪我をした左膝だけではなく右膝にも疲れが出ているような状態なので、なお一層痛みを強く感じるのかも知れません。

自分は今回のような大きな怪我をしたのは初めてですが、よくプロスポーツ選手などで、大怪我をして1年も2年もリハビリに費やすなんていう話もありますね。その治療期間の長さから来る、苦しさや気持ちの焦りといったら如何ばかりであろうかと今回本当に思いました。

今日もこれからまたマッサージ兼リハビリに行ってきます。一日も早く回復させたいです。
[PR]
by munenorin | 2010-02-19 07:33 | 四方山つぶやき

一寸先は闇

先日の七拾七年会にいらしていただいた皆様、本当に有難うございました。

諸事情により御礼の記事更新が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

当日は寒さ厳しい中ではありましたが好天に恵まれ、また大勢のお客様方にも恵まれ、昼夜共、充実した舞台を勤めることが出来ました。本当に有難うございます。

しかし一転して今、私は自宅に半軟禁の状態となってしまっております。

先日の舞台終了後、楽屋退室の際に不注意から転倒してしまい、左膝を強く地面に打ち付けてしまいました。その日のうちに整体の先生に見ていただいたところ、骨に異常は無いが靭帯に損傷があるかもしれないとの事。とりあえず2週間程度は安静・治療をするようにと申し渡され、舞台出演・稽古等全てにドクターストップが掛かってしまいました。というわけで当面は自宅内で静養となってしまっております。まさに一寸先は闇。人生に油断は禁物だということが良くわかりました。

今回のことで代役をして頂いたり、いろいろご迷惑を掛けてしまっている皆様には、本当にお詫びの言葉もありません。当初はだいぶ気持ちも落ち込んでいたのですが、落ち込んだところで状況は変わりませんし、とにかく今は一日も早く治すということに専念しています。またそれと同時に、この長期休養をどう活かすかということを現在模索しています。

今回のような長期療養というのは、自分の舞台生活でも初めての経験です。松葉杖生活なので当然運動不足になってしまいますが、それをいかに補うか。とりあえず声を出すことは出来るので、少しは稽古も出来ますが、普段なかなか出来ない稽古などにも取り組んでいきたいな、と思っています。もし何か良いアイデアがありましたら、皆さんぜひ教えてください。

b0145146_17151556.jpgそして最後にこの一枚。長丁場で謡も所作も多い大変な舞台だったのに、4歳半の身でしっかりと「海士」の子方の舞台を勤め上げてくれました。舞台上で、責任感に溢れた目をしていたのが大変印象的で、自分の胸にも迫るものがありました。今回はこの章志に本当に助けてもらったな、と改めて思います。この写真は章志がご褒美をもらって嬉しそうな様子をメールで送ってきてくれたものです。
本当は舞台後に遊びに行く約束もしていたのですが、それも延期にせざるを得なくなってしまいました。章志のためにも早く快復して、元の姿に戻らなくてはなりませんね!
[PR]
by munenorin | 2010-02-16 17:22 | 能楽日記

明日が申し合わせ

明日は朝から七拾七年会の申し合わせです。昼の部と夜の部を通しで行います。

地謡以外で舞台に立つのはほぼ初めての会場ですが、大変綺麗な能楽堂ですし、とても楽しみです。

この3~4日でほぼ全ての事務仕事には目処がついたので後顧の憂いはありません。あとは前進あるのみです!ただ明日は雪になるかもしれないとか・・・それだけが少し不安ですが、当日は晴れる予想との事。

お出でいただく皆様も体調にはしっかりご留意されて、元気に能楽堂にいらして下さい。七拾七年会一同お待ちしています!
[PR]
by munenorin | 2010-02-11 23:01 | 能楽日記

まさに大きな樹木のよう

この一週間は、実は14日の七拾七年会以外の能の舞台は自分にはありません。

これは自分にとっては大変珍しいことで、大概大きな舞台の前は他の舞台も立て込んでいて、当日までてんやわんやということが多いのですが、今回は少し心にゆとりを持って当日に臨むことが出来そうです。とは言っても、今日も各種実務作業や稽古をしている間に一日が終わってしまいましたが・・・。

まったく関係ありませんが、最近『ウィキペディア』にハマっています。

文化・スポーツ・芸能・歴史等々・・・いろいろな情報が次から次へとリンクしているので検索を止めにくくなり、気がつくと1時間くらいは平気で経過しています。どの百科事典にも出ていないような膨大な情報を次々と見ることが出来るというのは本当に凄いことですよね。まさに知識の泉、大きな樹木のようです。
因みに能に関する情報も、とても詳しくわかりやすく出ていますので、良かったら一度見てみてください。
[PR]
by munenorin | 2010-02-09 23:53 | 四方山つぶやき

シャンペンタワー

b0145146_23444769.jpg初めて見ました、シャンペンタワー。

今日は観世会定期能終了後、10年近くお付き合いのある宝塚の生徒さんの卒業記念パーティー(通称:フェアウェルパーティー)に家族で行ってきました。これはそのパーティー開会時に注がれたシャンペンタワーです。
実は宝塚には定年制があり、この方はちょうど40年間在籍されて定年となり、今日がその最後の舞台の日でもあったのです。自分も舞台があったため、残念ながら千秋楽を観ることは出来ませんでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。
最後にその方が『これからも何か新しいことを常に発見して行きたい!』という意味のことを仰られたのが大変素敵で、印象的でした。
人間何歳になっても、積極的な気持ちを忘れてはいけないですね!
[PR]
by munenorin | 2010-02-07 23:52 | オフ、ふっ、ふ。