能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

この一年

今日は家の大掃除と稽古。大掃除はいくらやっても終わらない感じですが、稽古は久しぶりに集中した充実の時間とすることが出来ました。明日もこの調子でしっかりと稽古に励みたいと思います。

今年も残すところあと一日ですね。

今年は最高に目まぐるしい1年でした。自分の今までの人生でも、もっとも多くのことが動き出した1年であったように思います。本当に休みなく駆け抜けていきました。
大阪では1月から謡サロンを始めましたが、それがはるか昔に感じられるくらい、いろいろなことがありました。1月に大阪で始めた謡サロンは何とか軌道に乗り、来年からは毎月の大阪に加え、隔月でゆの里、不定期で宝塚、東京も定期サロンとして定着の見込みです。そして今年から自分達で主催となった、大分研能会。また二つの異種共演に、年末には初の自主企画公演『七拾七年会』もありました。

そして私生活では祖母の病気と死。3月に病が発覚してから8ヶ月弱でしたが、去年のこの時期には祖母が亡くなるなど、まったく思ってもみないことでした。今でもふとした時、いろいろな所に思い出のかけらが残っていて、それをしみじみと拾い上げて眺めている自分がいます。それは悲しみの詰まった作業ではありますが、どこか懐かしく、心が温かくなる時間でもあります。こうしているうちに、きっと祖母の死を自然に受け入れられるようになっていくのでしょう。生前お世話になりました皆様に、改めて感謝致します。有難うございました。

明日は大掃除と稽古の後、夜は毎年恒例、ご友人の家に招いて頂いて年越しパーティーをします。もっとも年明けに大役を控えていますし、明日はあまり遅くならないうちに失礼させて頂くつもりではありますが・・・。

来年はどんな年になるのでしょう?祖母の死のような悲しいことには、もうしばらくの間当たりたくありませんが、自分でも思いもよらないような飛躍の年となるよう、可能性を信じ続けて力の限り頑張って参ります。どうぞ来年も応援、ご指導、宜しくお願いします!
[PR]
by munenorin | 2008-12-31 01:33 | 四方山つぶやき

風邪の代償

昨晩ご連絡があって、今日は急遽御家元の千歳の稽古ということになりましたが、自分としてはとても不本意な出来でした。身体も声もなまってしまっているのが手に取るようにわかります。やはり先週風邪を引いてしまった代償が、ここに表れてしまったようです。もうあまり日はありませんが、自分の中で納得がいくように、改めてしっかり身体と心を造り上げなくてはなりません。

先週風邪を引いてしまったときに、身体を動かせないことにとてもジレンマがありました。早く存分に稽古して、心を楽にしたいです。

明日は一日、目一杯稽古するぞー!001.gif
[PR]
by munenorin | 2008-12-30 00:54 | 能楽日記

年の瀬の実感

今日になったらなぜか急に年の瀬を実感してしまいました。一年もあと少し、皆さんはどのように過ごされているのでしょう?

私は明日は急に家元のお稽古ということになり、明日は朝からいろいろな仕事に出動します。
今日はこの押し迫った年末にもかかわらず、とてものんびりした1日にしてしまいました。ただ、おかげで体調もすっかり元に戻ったので、ここからの一週間をキリッとさせて、千歳に臨みます。

毎年感じる年の瀬の感覚とは別の鋭敏な感覚も保ちながら、新年の舞台に邁進して行きたいです。
[PR]
by munenorin | 2008-12-28 23:18

稽古納め

今日は東京のお稽古場の稽古納めでした。

終了後は稽古場近くの居酒屋さんで定例の忘年会。先日の七拾七年会をはじめ、舞台の話を中心にとっても盛り上がりました。東京のお稽古場でお稽古をされているお二人は、まったくの初心者から始められて2年前後といったところですが、まじめにお稽古されている甲斐あって本当に上達が早く、お教えし甲斐のあるお二人です。今日ゆっくりお話ししていても、あっという間に能を好きになって頂いたんだな、ということに気付き、とても嬉しい気持ちになりました。

来年1月からはここに新たに二人加わります。一人は33歳男性。もう一人はなんと6歳男性です。楽しそうでしょ004.gif友人のお子さんで、生まれたときから将来は僕のところで稽古を、と言って下さっていた坊やです。今から自分もとても楽しみです037.gif

しかし急にまた寒くなってきましたね008.gif私の風邪は着実に快方に向かっていますが、皆様どうか風邪を召されませぬよう・・・インフルエンザも怖いですからね063.gif
[PR]
by munenorin | 2008-12-27 00:16 | 能楽日記

七拾七年会御礼

一昨日、七拾七年会にいらして下さった皆様、本当に有難うございました。色々御見苦しい点もあったかとは思いますが、お蔭様で大勢のお客様にも恵まれ、無事に第1回公演を終えることが出来ました。

私は当日はギリギリ風邪かどうかといった体調でしたが、公演終了後には気が抜けたせいか一気に風邪への一途を辿り、昨日は38度以上の熱を出して一日中寝込んでいました。しかしよく休んだ甲斐あって、既にほぼ体調は快復しています001.gif

今回初めてこうして自主公演を打つに当たってよく分かったことは、舞台上では多くのお客様に温かい励ましの空気を作っていただき、楽屋内では先輩方や同世代の仲間や後輩達に色々な事を助けて頂いて、初めて成り立たせることの出来た会だったのではないかということです。特に、同人それぞれの師匠格の方たち(山本東次郎さん、山本則俊さん、小寺佐七さん、曽和正博さん)が、弟子の様子を見守るためにわざわざ足を運んで下さったことには本当に感激しました。
この第一回を開催するにあたって傾けた情熱を今後も決して忘れることの無いよう、常に新鮮な気持ちで、良い意味での斬新さを大切にしていきたいと思っています。より多くの皆様に楽しんで頂ける「能・狂言」を目指して・・・。

そして次回「七拾七年会」はなんと7月20日(祝)、7月21日(火)の2日間連続公演です!!
私は20日(祝)に『邯鄲』のシテを勤めさせて頂く予定です。二日間の割引連券もご用意する予定ですので、どうぞ次回以降も宜しくお願いします。

さて私事ですが、今日は祖母の四十九日の法要と納骨でした。病み上がりの身体には幸い、暖かな日差しに恵まれたので、何とか無事に喪主としての勤めを果たすことが出来ました。これで今年の大仕事はあらかた終了です。

あとは新年4日の観世会『翁』の千歳へ向けて・・・早く万全の体調にして、しっかりと追い込みの稽古をかけて行きたいと思います004.gif
[PR]
by munenorin | 2008-12-25 23:34 | 能楽日記
明日はいよいよ「七拾七年会」。

今日の申し合わせで得た課題をしっかりと克服して、明日は精一杯舞台を勤めたいと思います。
ワークショップから終演まで、自分は狂言「昆布売」を除く全ての演目に出演することになりますので、最後までしっかり体力を取っておかなくてはなりませんね。

今日は明日に向けて、個人的にとっても元気をもらえる出来事もありましたし、夕飯は以前ご紹介した「やまくら」の生姜焼き定食でしっかり体力をつけました。

明日お出でいただく皆様、お時間がございましたら、どうか17時からのワークショップからお越しいただき、目一杯楽しんでいらして下さいね!
[PR]
by munenorin | 2008-12-22 23:47 | 能楽日記

軽い!

b0145146_791142.jpg

b0145146_791140.jpg

なんだかブログの更新時間がバラバラになってきました。日常のドタバタがそのままブログにも出てしまっているようです。
今日はこれから七拾七年会の申し合わせです。実は昨日くらいから喉が少し痛いのが気になるところですが、のど飴と薬と気合いとであと2日、しっかり乗り切りたいと思います!

さて、写真は妹の友人がお土産に下さった、有名なドーナツです。何でもいつもすごい行列になるお店だそうで‥。
少しアメリカンなテイストではありますが、ふわふわでとっても軽くて美味しい!軽く2~3個は行けそうな感じです。

このお店は行列が出来ていると、並んでいるお客様にドーナツを一個ずつサービスで配ってくれるそうですね。行列が出来るわけだ(笑)。
[PR]
by munenorin | 2008-12-22 07:09

一昨晩と昨晩

一昨日は来月4日の観世会千歳の申し合わせ。その後には今月23日の七拾七年会に向けた稽古をしました。一日の緊張から解放されたせいか、夕飯から帰ったら久しぶりに猛烈な眠気に襲われ、そのまま爆睡してしまいました。

そして昨日も仕事上ではほぼ同じような展開だったのですが、夜の眠気をこらえて仕事を少ししていたらなんだか目が醒めてしまって、気が付けばもうこんな時間です。

明日は本当は夕方からアマチュアのお弟子さん方のお稽古の予定だったのですが、なんと稽古場の方に予想外のダブルブッキングがあったので、急遽休みにすることになりました。というわけで、明日は久しぶりにあまり時間を気にせず寝ることが出来ます。でもあまり寝坊せず、1日を自分の為に有効に使いたいとは思いますが‥

なんだか明日が休みだーっ!と思うと、かえって眠くなりませんね。困ったものだ(笑)。
[PR]
by munenorin | 2008-12-20 03:07

雨でも晴れ晴れ

今日は珍しく一日雨でしたね。

今晩は研究会。毎月第3水曜定例の会です。

研究会は17時半始で、終了は大体21時前後になることが多いのですが、今日は終了がなんと20時10分!能2番・狂言・仕舞・休憩とあるのに、総時間が3時間を大幅に切るというのは少し珍しいことです。
今日の能は『菊慈童 遊舞之楽』と『千手 郢曲之舞』。2番で合わせて2時間を切り、狂言『長光』も15分程度と、短い出し物が重なったせいでしょう。いつも研究会のときは楽屋内でも休みなく駆けずり回る感じなのですが、今日は時間が短かったせいもあってあまり疲れが残らないで済みました001.gif

さて、今日は家元と少し個人的にお話しする機会がありました。
自分の舞台のことや、謡サロンに大阪のお素人の稽古のことなど、お話は多岐にわたりましたが、その全てで大変ありがたい励ましのお言葉をいただきました。今日はそのせいもあってか今晩は気持ちも晴れ晴れとしています003.gif

明日は来年の観世会『翁』の千歳の申し合わせ(リハーサル)。通常申し合わせは会の前日か前々日に行われことがほとんどなのですが、今回はお正月直前が本番ということもあり、大幅に前倒しての申し合わせです。
もちろん申し合わせ後、本番までの間もたっぷりと稽古するつもりですが、まずは明日、最大限の成果を発揮するべく、冷静に取り組みたいと思います!
[PR]
by munenorin | 2008-12-18 01:15 | 能楽日記

『乱(みだれ)』

今日は朝から研究会申し合わせ、終了後に千歳の稽古を挟んで、午後からは今年最後の武田同門会でした。

今日は能は『橋弁慶』『龍田』『乱』の三番。それぞれ見どころのある曲目ですが、今日のメインは何と言っても『乱』です。シテは伯父の家で長い間修行を積んだ、佐川勝貴氏。

『乱』は『猩々』という曲の特殊演出のことで、謡の詞章は全て『猩々』と同じです。ただお囃子による舞の部分が、『乱』という水の上を遊び戯れるような大変特殊な足遣いの舞になり、20分以上舞いっぱなしです。ですから曲目の名称そのものが『乱』に変わってしまうのです。

この『乱』という曲は「披き物」という、能楽師にとって大変重要な難曲で、若手にとっては登竜門的な曲です。今回佐川さんは、それを初めて勤めた(披いた)ことになります。

今日は無事に舞台を勤め上げていたように思います。
途中ヒヤッとしかかる場面がありましたが、自分自身でしっかりと切り替えて、まったく目立たないようにうまくつないでいました。そして何より、存分に稽古して今日の日に臨んだのだな、ということが舞台を通してしっかり伝わってくることが大変好印象でした。

同門会終了後には佐川氏が主催で、出演者の皆さんを招いての宴席がありました。彼なりの精一杯の皆様への感謝の気持ちが形となって現れたものです。本当に無事に済んで良かったな、と心から思います。

私はまだ『乱』は披いていませんが、近いうちに必ず・・・と考えています004.gif
[PR]
by munenorin | 2008-12-17 01:09 | 能楽日記