能楽師・武田宗典の舞台活動・観劇活動を中心にした日記的四方山話


by munenorin

同窓会新年会

昨日は私の幼稚園から高校まで14年間の母校、暁星のOB全体の同窓会新年会でした。

b0145146_261660.jpg参加している方は半数以上が仕事をリタイアされた方達なのですが、昨日はなんだかんだと私の学年からは4人ほど参加者がいました。それは新年会の前に、私の同級生で、冒険家・写真家の石川直樹君の講演があったからです(写真は別人)。
この石川君はなかなか凄い人で、七大陸の最高峰を最年少で踏破した記録を持っていたり、北極点から南極点までを人力で踏破する「ポールtoポール」に参加したりなど、想像を絶する旅をしてきた人です。実は私にとっては、幼稚園から大学まで同じ学校という数少ない存在なのですが(他にもう一人)、在学中はそれほど接点があったわけではなく、卒業後初めて会った感じです。それでも過去の旅の記録などを映像を交えながら、あまり切迫感なく(?)飄々と話す独特の姿は、高校の時に授業を一時間潰して、一ヶ月間のインド旅行記を話していた姿と重なって、何だかとても懐かしい感じがしました。今回は主にエベレスト踏破の時の映像が使われましたが、地上でありながら地上でないような感覚の話はとても興味深かったです。
写真集や本なども出版されているので、興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

そしてその後は懐かしい仲間や、偶然参加していた当時の担任の先生(この方も卒業生)と語らい、3次会まで行くことになりました。そんなわけで昨晩はとてもブログ更新とは行かなかったのです。

そして今日は檀の会。松木千俊さんが主催する会ですが、ご子息の崇俊君が骨折してしまって、本来彼が演じるはずだった『土蜘蛛』のシテを千俊さんが代わられました。本人も相当悔しかったようですが、まだ若くてチャンスはたくさんあるはずなので、どうか一刻も早く快復して元通りになってもらいたいものです。

明日から2日間は行橋です。来週は目の廻る一週間になりそうです。
[PR]
by munenorin | 2010-01-25 02:29 | オフ、ふっ、ふ。